NSSAフロアって知ってる?

NSSA Floor (Non-Slip & Shock-Absorbing Floor)
(名称:防滑衝撃吸収床)

東京 練馬 貸しスタジオ レンタルスペースNSSA Floorとは、スタジオスクエアが独自に開発した多目的ダンス用途向けの床構造です。
着地時の「衝撃を吸収する」ことにより、「腰や膝の負担」を軽減することを目的としています。
ダンスのインストラクターや高齢者にとって、共通の「悩み」である「軟骨への負担」を大幅に軽減します。
また、高いジャンプに挑戦しても転倒しない、全力で走っても止まれる、ことを想定した「滑べりにくい床」となっています。
さらに、床に横たわることが多い「体操」や「ヨガ」、裸足で踊ることが多い「フラ」などで求められる「床の冷え」や「雑菌」に対し、「冷えを感じさせない」「抗菌」の機能をもっています。

ダンサー寿命は「軟骨」で決まると言って過言はない!

東京都 練馬区 貸しスタジオ レンタルスペース ダンススタジオアスリートやダンサーを悩ます膝の痛み。その多くが軟骨のすり減りに起因しています。
クッションの役割をしている軟骨が、激しい運動や膝自身への衝撃によってすり減ってしまいます。
クッションを失った膝は膝関節の骨と骨が直接ぶつかりあい痛みを引き起こします。
一流のダンサーのなかにも、キャリアの大半をこの痛みとの闘いに費やしているひともいます。
膝に痛みどめの注射を打って演技や競技をする痛々しい姿をドキュメンタリー番組で見たりしますね。
軟骨は「消耗品」なのです。まさにダンサー寿命はこの「軟骨寿命」で決まると言っても過言ではありません。
これまでダンサーやアスリートの膝を守る床の開発が長く待たれていましたが、ダンス用、バレエ用リノリウムが長くスタジオの床のスタンダードとされていました。
このリノリウム素材は耐摩耗性にすぐれ、保守の観点で重用されています。ただ、床面の硬さ、冷たさはとてもダンサーのひざや腰にやさしい床とは言えません。
対して練馬RBスタジオのNSSAフロアはダンサーの膝を守る画期的な床です。

これぞ限界にチャレンジできる床

東京都 練馬区 レンタルスタジオ 稽古場 バレエスタジオ練馬RB レンタルスタジオ ダンススタジオ ダンスレッスン 貸しスタジオ 床スリップや転倒を怖がって体が自然と力をセーブしてしまう。これが、技術の向上を妨げている要因のひとつになっているケースがよくあります。
一流のダンサーになればなるほど、体が知らず知らず防衛反応を働かせ、演技を小さくしています。
全力で走っても「キュッと」と止まれ、めいっぱいジャンプしても、着地のときにひざ、腰への衝撃を和らげてくれる。そんな床こそがダンサー、アスリートのチャレンジ意欲を引き出してくれるのです。
また、けがの観点からみても、スリップによる転倒や床の硬さを原因とするひざや腰への障害が減り、レッスンやお教室にお子さんたちを送り出す親御さんも安心です♪

スタジオの床がヒヤっーとしないんです

東京 練馬 貸しスペース練馬レンタルスタジオの床は、ダンススタジオでよくあるあの「ヒヤーっ」とした感じがまったくないんです。
NSSAフロアの特徴のひとつに、抜群の保温性、「底冷え感のなさ」があります。冬場のレッスンもホントに快適なんです。
裸足でレッスンを行う、フラダンス、タヒチアンダンス、ベリーダンス、ヨガ、ピラティス、武道などのご利用者には大変よろこばれています。
「大の字に寝転がれる床」それが、練馬レンタルスタジオの床です。

「この床ステキー」「全然疲れない~」「思い切って踊れそう」

東京 練馬区 レンタルスタジオ ダンススタジオ練馬スタジオもぞくぞくとご見学にお越しいただいておりますが、ご見学にお越しいただいた方に大好評です。
通常、スタジオの広さや、天井高などに目が行くのですが、真っ先に感想をいただくのが、「床がイイですネ~」「なに、この感触?」です。
いままで、床のすべりや、堅さを気にして思い切った練習ができなかったひとも、この床なら安心。思い切った練習ができ技術の向上も期待大ですネ♪
是非、ご見学にお越しいただいてNSSAフロアの床の感触を味わってみてください。

こんな素敵な床のダンススタジオ「練馬RBスタジオ」を今すぐ見に来てネ

空き状況などのお問い合わせは下記までよろしくネ!

お問い合わせ

Print Friendly